マンデリンコーヒー豆 トバコ 生豆100g 深煎向 コク強 個性的 香ばしい

価格: ¥400 (税込)
数量:
twitter

 長径およそ100kmもあるトバ湖。インドネシア、スマトラ島北西部にあり世界最大規模のカルデラ湖です。  その周辺一帯のトバ高原で栽培されていることから、トバコと命名されております。  1990年代後半よりTOBA高原にコーヒーが植樹され、今ではかなりの輸出量を占めるようになりました。  この地域は、コーヒープランテーションに適しており、ここのコーヒーは、味、コク、ともに優れたものとして珍重されています。
※コーヒーの生豆です。このままでは飲むことができません。焙煎してご利用下さい。
※500g以上お買い上げの場合は、1000g単位でのお買い上げがお値打ちです。

保存方法:アルミパックなどに入れてお送りしますので常温冷暗所にて保存して下さい。開封後は密閉保存し乾燥を防ぐことで、よりコーヒーの鮮度が保たれます。


 TOBA高原は、今のTOBA湖の周辺の地域をさし、この地域の土地が肥沃であることは、1000年前のTOBA山の噴火と密接に関係しており、TOBA湖は、この時の噴火によってできました。  研究者によると、この噴火は TOBA山の山項の一部を吹き飛ばし、それが落ちることによって、噴火口を塞いだといわれるぐらい、とても大きなものであったそうです。その噴火口を塞いだ土石は、現在、SAMOSIR島として知られています。その後、吹き飛ばされた部分と、噴火口を塞いだ土石の間にできた広大な谷間には徐々に水が溜り、そこが現在、TOBA湖と呼ばれています。 産地 インドネシア スマトラ島北部 トバ湖周辺地域 標高 1,300~1,500m 品種 アラビカ種(ティピカ種の亜種)

ページトップへ