コーヒー研究室

ブラジル行ってきました

コーヒー豆 ブラジルのコーヒー農園での景色

コーヒー豆コーヒー豆

コーヒー豆は、実をそのまま乾燥させたり、果肉を取り除いてから、乾燥させたり。

いろいろな方法で乾燥させます。

このページは、2005年に行ったブラジルの旅行記録です。

某商社、農園主、現地の方々。その他大勢の方々のご協力により、みなさまにお伝えすることができます。

世界のコーヒー豆の3分の1が収穫されるブラジル。

コーヒーが、どんな農園で、どのように栽培、精製されているか。

現地の方々は、どんな暮らしをして、どのような生活をしているのか?

そんなことが知りたくて、ポケットマネー、かつ日々の貴重な時間を割いて、ブラジルに行ってきました。(もうかってなかったので、経費では落としませんでした。今もそれほど変わっておりませんが・・・。^^;)

農園の様子、街の様子を、見てきました。

ここでは、その一部をご紹介いたします。

コーヒー農園

某コーヒー農園を見下ろしたところです。

うしろに見えるのは、全てコーヒーの木。

大変きれいに整備されておりました。

コーヒーコーヒー

ここでは、区画ごとに、いつ、どの程度、どんな農薬を使用したか?

いつ、草刈をしたか?

いつ収穫し、その収穫したコーヒー豆を、いつ、どのように乾燥したか?

全て、記録され、きれいに保管されておりました。

コーヒー豆コーヒー豆

ここはミナスジェライス州にある先ほどとは別の農園。

標高1000mほどの平坦な土地に大規模なコーヒー農園が広がります。

見渡す限り、コーヒーの木。左は、コーヒーの木に水を撒いているところ。近くの池から水を引いております。

ブラジルサントス

ところ変わって、こちらはブラジルサンパウロ。

左の写真は、サントスコーヒー取引所。現在は使用されず博物館になっています。石造りの建物と石畳でできた町並みは、まるでヨーロッパにいるようです。

右は、コーヒーが輸出されるサントス港界隈にある時計塔。

コーヒー取引所

サントスコーヒー取引所で、実際にコーヒーの売買がされていた市場。

ブラジルサントス

昔のサントス港の写真。

うしろに見えるのは、多くの帆船。大変活気があったことが想像できます。

一時は、世界のコーヒー生産量の半数をここから輸出していたといわれています。

現在もブラジルコーヒーの大半はサントス港から輸出されています。

毎日のように、ごく普通に飲まれているコーヒー。

そのコーヒーは、ほとんどが開発途上国産。経済的には遅れている国々で、栽培されています。

コーヒーを扱うものとして、その人たちが、どのように毎日を生活しているのか?コーヒーを、どのように思って育てているのか?

そして、コーヒーを買う私たちには、どんなメッセージがあり、どのように考えているのか?

そんなことを皆様にお伝えすることも、僕の大切な役目だと思っております。

ブラジルや、エチオピア。コーヒーの生産国は遠く、農園は更に奥地にあります。なかなか気軽に行くことはできませんが、この眼で確認し、真実だと感じたことを、できる限りお伝えしていきたいと思っています。

ページトップへ