コーヒー研究室

おいしいコーヒーの入れ方

SAKURA版 おいしいコーヒーの入れ方

コーヒーは、いろんな淹れ方があります。本を読んでみても、淹れる温度もまちまちです。
いろんなコーヒー屋さんのお話を聞いたり、いろんな本を読んでSAKURAが独自に考えた、おいしいコーヒーの入れ方をご紹介します。
難しいことはいいから、とにかくおいしく淹れたい!という方は、ワンポイントアドバイスを!(ページの下のほうにあります)

 準 備
1.ペーパーフィルターを折る

フィルターの強度を保つため
(1)底辺の接着部分を折り
次に、(2)側面部分を逆方向に折り
ドリッパーにぴったりセットします。

紙は空気中のにおいを吸収するのでほかっておくと
臭くなります。紙フィルターは空気を通さない袋に
保管しておくのがおすすめです。
2.粉をセットする

人数分の粉をドリッパーに入れ
軽くゆすって表面を平らにします。


中心に少し窪みをつけるとドリップしやすくなります。
<コーヒー豆の量>
 1人分 16g
 2人分 24g
 3人分 32g
(大さじ一杯で、約5gです)

3.湯をさます

沸騰したお湯を90℃までさげる。
 ※ 沸騰したお湯を火からはずし
2~3分おいておくと、大体
適温の90℃になります。

お湯の温度が高すぎるとエグ味や苦味が出やすく
低すぎるとおいしい成分を出しきれず、薄いコーヒー
になってしまいます。 適温のお湯を使うのがコツ。
 いよいよ ドリップ

ドリップする その前に…

淹れる手順をイメージしておく事や、「おいしく淹れたい」と思う気持ちがとても大切です。
気持ちを落ち着かせ、心をこめてドリップを始めましょう。

1.コーヒーを蒸らす

お湯を中心からうずまき状に
粉全体が湿る程度に注ぎ
20~30秒蒸らします。

お湯は低い位置から粉にそっと置く感じで注ぐの
がコツ。粉をふやかしてエキスを出しやすくする
が目的です。乾いているところがないように!!
2.おいしい成分を抽出

お湯を中心からうずまき状に
細くそ~っとゆっくり注ぎ
出来上がり量の2/3まで
抽出します。

ドリッパーの淵までお湯をかけないようにするのがコツ。コーヒーの壁が崩れてしまい、そこからお湯だけが流れて薄いコーヒーになってしまいます。
3.量を調節する

残り1/3は、お湯を中心から
うずまき状にたっぷりゆっくり
注いで分量に達したら
ドリッパーをはずします。

最後まで落としきってしまうと豆の雑味まで抽出
されてしまうので、ドリッパー内にお湯が残っている状態ではずすのがコツ。

コーヒーの入れ方

とにかく、おいしく淹れるには焙煎したてのコーヒーを使うことです!

鮮度が大事!

打ち立て、出来立ての蕎麦がおいしいように、コーヒーも、焙煎したて挽き立てがおいしいんです。

煎りたてのコーヒーを飲みたければ、是非当店でお買い求め下さい。

でも、コーヒー豆って何を選んでよいか分からないですよね~。
そんなときは、当店人気NO.1のサクラブレンドがお勧め!

飲みやすく香り高いコーヒーです。
お試し価格のサクラブレンド200g【送料込】はこちら↓をクリック!
コーヒー豆メール便

コーヒー豆メール便
http://www.coffeesakura.jp/SHOP/CMAIL01.html

・7月上旬のご注文について

6月28日(水)~7月2日(日)は誠に勝手ながら早めの夏休みをいただきます。
6月26日(月)までにご注文いただければ、いつもどおり煎りたてをお送りできますので、ご協力のほどよろしくお願い致します。

愛知県のコーヒーサクラ 楽天ペイ

さくらブレンド特集

お試しさくらブレンド

商品一覧

メールマガジン

わけあり商品などお得情報が、いち早くあなたに届きます!!

詳細はこちら

実店舗ブログ

ご利用ガイド

お客様の声

チャレンジ25

ページトップへ